上生菓子を作りました

年に何度か商工会主催で『タウンスクール』という催しがあって、
地元企業や商店などでいろんな講座が開催されます。
例えば靴屋さんでは「正しい靴の手入れ方法」、
コーヒー店では「飲み比べ」など、多種多様の講座が無料~ワンコインで体験できるのですが、
今回、友達と「和菓子作り体験」に行ってきました。

お茶会などで出される上生菓子を作る講座です。

わたしは茶道の経験など無く、上生菓子にはあまり馴染みはないので
和菓子店のショーケースに色とりどりのお花のお菓子があるなぁ、
あれってあんこで出来てるのかしら?くらいの認識だったんです。
食べたことはありますが、自分から好んで買うこともありませんでした。

上生菓子は主に白あんベースの「練切」という生地で作られていて
テーマ(四季だったり古典文学だったり)に基づいてデザインされる
和菓子の芸術作品なんだそうです。

今回は「ダリア」と「雁来紅(がんらいこう)」にチャレンジ!

ダリアは鮮やかなピンクと白の練切であんこを包みます。
切り込みを入れたり、細い箸のような棒で押し付けたりつまんだりして
ダリアの花びらを作っていきます。

雁来紅とは『雁の飛来する頃に葉が紅くなる』というところから
葉鶏頭のことを言うのですが、その色を表現した葉っぱの形の練切で
あんこを包みます。

先生はとても簡単に形を作り(2分くらいで完成)教えてくださるのですが、
わたし達初心者集団は、丸めたり延ばしたりするのにも四苦八苦。
出来上がりの見栄えもさまざま。


20171105083352a8e.jpeg

わたしが作った上生菓子です。
雁来紅はなかなかの出来でしたが、ダリアはピンクの部分が全く見えません(;'∀')
そしてどちらも大きすぎてケースに収まらない(笑)



今回、教えてくださったのは老舗の和菓子屋『高砂堂』さん。
とても歴史のある和菓子屋さんで、創業は明治27年。

201711050833373ca.jpeg


国登録有形文化財にもなっている素晴らしい建物です。
こちらの店舗は大正時代の建築で、外観は和風ですが
店舗内の床は石(何の石かはわからないのですが、墓石みたいな?大理石みたいな?)
天井はとてもきれいな緑色でちょっと洋風な模様が入っていました。

今までは馴染みのなかった上生菓子。
今回のこの体験を通して、これからは目にするたび口にするたび
季節を感じる機会が多くなりそうです。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も好んで上生菓子って食べないです。
ただ甘いだけな気がして("^ω^)・・・
見た目はキレイだから見るのは好きなんですよ。
ケース越しに見たりテレビとかで季節の上生菓子が出てると見てしまったりはするんです。

Karioさんはいろいろ挑戦されてすごいです。

No title

すごい!!
これ karioさんが作られたんですか!!
(〃゚∇゚〃) i-178

初めてなのに
完成度高いです!

どちらも大きすぎてケースに収まらないとありましたが
慣れないと 大きくなりがちなんですかね?
私的には 甘いもん好きなので
大きい方がいいなぁ~なんて思うのですがe-446i-175

Re: No title

八幡1丁目さん☆

自分で作ってみると上生菓子に対する見方が
ちょっと変わってきて、和菓子コーナーとか気になって
わざわざ見に行くようになりました(о´∀`о)

今回は形づくりだけだったので、まるで粘土細工を
しているような感覚でしたよ。

八幡1丁目さんの地域でも、こういったワンコイン講座とかあるのでしょうか?
ふだんやらないようなことが手軽に体験出来て
とっても楽しいですよ(o^^o)

Re: No title

みけさん☆

お褒めの言葉ありがとうございます〜(о´∀`о)

先生の見本は繊細な感じだったんですが、
わたしのはボッテリ?ゴロッ?とした厚みがあって
ケースの蓋が閉まりませんでした(笑)

でも大きいほうがお得感あるよね〜、と
わたしも思っておりますヽ(*´∀`)

お得感と言えば…
今回500円の講座代しか払ってないのに
帰りにお店の和菓子のお土産まで頂いちゃいました。
こんな太っ腹企画…また参加してみたい♪( ´▽`)
プロフィール

karioさん

Author:karioさん
ご訪問いただきありがとうございます。
日々のできごとを忘れないようにするために書いています。
拍手ポチ、コメントなどいただくと励みになります(*^^*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR